リウマチ


Y・A子  67歳 主婦

先日、急な腹痛で病院に行ったら、血圧が最高80、最低50、とショック状態になっていました。
すでに、胃に穴が開いており、危険な状態でした。その原因が、長年患っていたリウマチ疾患の薬のせいだと知らされ、余計にショックを受けました。
リウマチに罹ってから12年、年々、悪くなっているような気がします。針で治療法はあるのでしょうか。

________________________


A子さん、さぞ、ご苦労なさったことでしょう。
リウマチは、免疫機能の異常から、関節が炎症を起こすので、身体のあらゆる関節が痛む病気です。特に、朝の手のこわばり、手足の関節では左右対称に起こります。



写真はリウマチ治療でほぼ痛みが取れたM子さんの左右の手です。
小指の第一関節に注目してください。
まだ少し「腫れ」が残っていますが、痛みは消えています。


リウマチ.jpg


治らないといわれているリウマチですが、根気よく治療すればこのように大幅に改善されます。

さて、リウマチ疾患の話に戻りますが
さらに、微熱や、身体のだるさ、食欲不振と、全身に不調が表れるのでやっかいですね。

男女比は1対4と女性に多く、進行すると、関節の軟骨が破壊され、関節の隙間がなくなるので、骨自体が壊れ、関節が変形します。

問題は、抗リウマチの薬の副作用です。
承認されている11種類の薬は、それなりの効果はあるものの、炎症を抑え、関節破壊を防ぐ作用は弱く、患者の3~4割にしか効果はないと言われています。
また、発疹、下痢、から、腎臓や肝臓の障害などにいたる副作用があります。 

そして、同じく、関節リウマチで治療に来られているS美さん(59歳)は、長年の鎮痛剤としてステロイドを使いすぎたため、骨がもろくなる「骨粗しょう症」になり、圧迫骨折により、身長が12センチも低くなってしまっています。

ステロイドは、一般によく使われる鎮痛剤ですが、その副作用は骨粗しょう症のほかに、白内障などの眼科疾患、心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすく、糖尿病や感染症にまで影響があるとされています。


鍼が免疫に絶大な効果があるとされていますが、関節リウマチには上記のM子さんやS美さんのように、少しずつ効果が表れているのも事実です。

患者さんによって、同じ関節リウマチでもツボの選穴は異なりますが、M子さんは、細かく関節のいたるところに極細の鍼を刺鍼していきます。
S美さんは、身体全体の気のバランスを整えることを主眼にしています。