中高年になると、目の機能が低下し、
様々な病気にかかりやすくなります。
自覚のないまま進行し、
失明する病気もあります。
早期発見に努め、早めの治療をおすすめします。




<加齢黄斑変性症>
自分でできる検査法は、まず、片目をかくし、
縦横に規則正しく引かれた直線を見てください。
(あるいは障子や四角い窓枠など)
ゆがんで見えたり、ぼやけて見えたり、
薄暗く見えたりしませんか。
これは黄斑変性症の特徴で
網膜の真ん中、黄斑部の病気です。
黄斑部の老化現象によって
視野の中心がゆがんで見えるのです。
アメリカでは中途失明の原因の第一位です。
日本でも食生活の欧米化などの影響で
急速に増えてきています。
眼科医での治療のひとつにPDTがあります。
「光線力学的療法」です。
しかし、PDTは進行を遅らせることと、
現状を維持することが目的の治療法で、
根治はできません。

経過が穏やかな「萎縮型(いしゅく)と、
脈絡膜の新生血管から出血をおこす「滲出型(しんしゅつ)」
があり、滲出型は進行が速く、要注意です。

怖いのは、片目がこの病気になると、
もう片方もなる可能性が高いということです。
さらに厄介なのが、新生血管の発症です。
脈絡膜にできる新生血管は不安定で、
突然壊れて出血し、急激に視力が低下します。
失明にいたる危険性もあります。
この場合、新生血管を成長させる血管内皮増殖因子(VEGF)

の働きを阻害する作用のあるアバスチンという薬を
眼球に直接注射する方法をとるのが一般的です。
新生血管が発症する前に
早期治療をおすすめします。


目の病気の検査のポイントは
片目ずつ見ることです。
両目で見ると、片方の目の異常が隠されてしまいます。
女性が比較的早く発見できるのは
化粧するとき、片目を閉じるからです。



緑内障
視覚障害者の原因として最も多いのは緑内障です。
つまり失明原因の第一位が緑内障です。
眼圧が高くなるなどの理由で視神経が圧迫され、
少しずつ視野が欠けていきます。
患者は40歳以上の20人に1人の割合い。

緑内障は小さな視野の欠けから始まり、
ほとんどの人が気がつかないことが多いのです。
まずは、眼科での眼底写真を撮って、
早期発見、早期治療に努めましょう。

さて、目に入った光は、網膜上で像を結び、
電気信号に変えられ、電線(視神経)を通って、
脳に伝えられ、モノが見えるのです。

視神経は100~120万本の細い電線(視神経)が集まって、
それが束になっています。
緑内障はこの電線(視神経)が切れてしまう病気です。

切れた箇所に応じ、見えない場所(視野欠損)ができます。
電線(視神経)は一度切れると、現代医学では再生できません。
眼科では、進行を遅らせることが唯一の治療法なのです。
針治療できちんと血流改善、視神経刺激などをおこなえば
ほとんどの人は失明しないで生涯をすごすことができます。


飛蚊症
蚊のようなものが飛んでいるように見え、
うっとうしく感じるのが飛蚊症です。
加齢に伴い、眼球の形を保つ硝子体(しょうしたい)が
萎縮してくることがおもな原因とされています。
詳しくは「疾患別」の項の「飛蚊症」を参考にしてください。

稀な例ですが、10人に1人ぐらいに、
網膜がはがれてしまう「網膜剥離(もうまく・はくり)」の
前触れということがあります。
眼科で眼底検査をして、網膜がはがれていなかを検査してください。



ぶどう膜炎。
暗いところを見てから、明るいところを見ると、
一部が暗く見えたりします。
これは、突然視力が低下する「ベーチェット病」による、
ぶどう膜炎特有の症状です。
眼球を覆うぶどう膜の炎症の発作で引き起こされる
眼底出血が原因です。

また、片目の視野の真ん中が細長く白く抜けてみ見えるようになり、
視力も落ちていきます。
やがて、白い部分が徐々に広がり、
視野の下側(あるいは上側)の一部しか見えなくなります。

「ベーチェット病」、あるいは
「サルコウドーシス」が原因の場合もあります。
「サルコイドーシス」は肺や心臓、
目、皮膚など全身の臓器や部位に、数ミリから数センチの
肉芽腫と呼ばれる病変ができる病気です。
原因はわかっていません。
しかし、病変の場所や広がりにより様々な症状が出ますが、
無症状のまま自然に治ることもあります。
この「サルコイドーシス」の症状で、目がチカチカし、
光が異状にまぶしく感じられたりするようになると、
ぶどう膜の炎症と考えられます。
合併症である「緑内障」の症状も出ることがあり
長いつきあいになる病気と覚悟しなければなりません。